即日融資の基礎知識:総量規制

総量規制とは、簡単に言うと「年収の3分の1を超える貸付が行えない」という規制のことです。2010年に貸金業法が改正された時に、総量規制は始まりました。

なぜこのような規制ができたのかというと、お金を借りすぎて返済ができなくなってしまった多重債務者が増えていたことが関係しています。

総量規制ができる前は、消費者金融は即日融資などで消費者に対してどんどんお金を貸していました。高額なお金を自由に貸せるという状況では、返済ができなくなる人も増えますが、きちんと返済ができる人もたくさんいたので、消費者金融は利益を出せていました。

しかし、お金を借りすぎて自己破産をしてしまったり、自殺をしてしまったりする人がたくさんいたことが社会問題となっていましたので、2010年に貸金業法が改正された時に、総量規制ができました。

総量規制で言うところの「年収」には、ギャンブルによる収入は含まれません。給料や年金などの定期的な収入の合計が、「年収」となります。

連帯保証人を設定した場合でも、年収の3分の1を超える融資は受けられません。連帯保証人を設定すれば借りやすくはなりますが、総量規制の基準は変わらないので、注意をしておきましょう。

貸金業法で定められた規制なので、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などが対象となります。銀行や信用金庫などは対象外です。すなわち、銀行のカードローンやフリーローンなどでは、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。

また、消費者金融から借りる場合でも、不動産などを担保にして受ける融資などは、対象外です。担保が付いている場合には破綻のリスクが少ないとみなされるからです。同じ理由で、信販会社から借りるディーラーローンも対象外です。

総量規制は個人の消費者を守るための規制なので、法人は対象外です。個人事業主が消費者金融のビジネスローンを利用する場合にも、一定の条件を満たしている場合には総量規制の対象外となります。

トマト銀行のカードローンの詳細説明

cfydhg15トマト銀行カードローンの「キューリ」は来店不要、契約金額300万円以下なら収入証明書が不要のカードローンです。利用条件は満20歳以上から満68歳以下、安定した収入がある人です。正社員はもちろんのこと、パートやアルバイト、派遣社員、専業主婦でも申し込みが可能です。この他にはSMBCコンシューマーファイナンスの保証が得られる・トマト銀行で代位弁済をしたことがない・延滞をしたことがないなどが条件になります。担保や保証人も不要ですので、誰かの手を煩わすことなく借り入れが可能です。
このトマト銀行カードローンは利用限度額が10万円~1,000万円までと高い限度額が設定されています。ほんの少しだけ借りたいという人も利用しやすくなっています。最低金額の10万円を借りたときの返済額は月々2,000円なので、専業主婦の人でも返済しやすい金額です。全国エリアで申し込みが可能なので、どこにいても安心です。必要なときにすぐに借りられるのがトマト銀行カードローンのメリットです。ここで注意したいのが、保証会社であるSMBCコンシューマーの審査次第では利用限度額が減る場合があります。
トマト銀行カードローンの金利は3.0%~14.5%です。900万円から1,000万円以下の利用限度額なら金利は3.0%になります。高額の融資を受けるときには圧倒的に便利なのがトマト銀行カードローンです。スマートフォンや電話からでも申し込めますので、カードローンを利用したい人はアクセスしてみましょう。

消費者金融業者モビット

モビットは2000年に、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)を中心とし、消費者金融業者のプロミス(現SMBCコンシューマファイナンス)、信販業者のアプラス(現アプラスフィナンシャル)の合同出資によって設立された消費者金融業者です。現在では、アプラスの資本脱退や三菱東京UFJ銀行とSMBCコンシューマファイナンスの合同出資の解消を経て、2013年から、モビットの無担保ローン融資事業をSMBCコンシューマファイナンスが、無担保ローンの代理審査を行う保障業務を三菱東京UFJ銀行が引き継ぐといった事業形態をとっています。そのようにさまざまな企業とのかかわりがあるモビットですが、特に無担保ローンの審査・信用保証を行う保障業務での信頼性が高く、多くの地方銀行や第二地方銀行を中心に、モビットの商品名を用いたカードローン商品が提供されています。この銀行によるカードローン商品の保障業務は、モビットが業界の中でもいち早く始めたもので、システムの信頼性や利便性は随一と言われています。また融資事業においても、SMBCコンシューマファイナンスに引き継がれた事により、三井住友銀行グループのATMやサービスが利用可能になりましたので、その利便性が高まりました。

業界大手の消費者金融のアイフル

消費者金融連絡会の加盟店であり、業界大手のアイフルは、近畿財務局で貸金業登録を行っています。そして、近年は、MasterCardの発行なども行っています。他にも、信販系のクレジットカードであるライフや事業者金融である、ビジネクスト・シティズなどを子会社に持っています。アイフルは、グループの中核企業であると言えます。アイフルの知名度が一気にあがったのは、犬のチワワが登場するテレビコマーシャルがきっかけです。これによって、アイフルとチワワの人気はうなぎ登りになったのです。このチワワのテレビコマーシャルは、シリーズ化され、数年間は続いていたのです。それまでは、消費者金融というものは一般的ではなかったです。しかし、このテレビコマーシャルをきっかけに、世の中の人か消費者金融を知ることになったのです。今現在のアイフルのテレビコマーシャルは、芸人を起用しています。また、2008年以降は、経営状態が悪化しているのが表面化してきたのです。そのため、アイフルグループの縮小や事業縮小を行ったのです。2007年頃には、12社以上を傘下においていましたが、経営悪化のため2010年には売却などによって、7社にまで縮小することになったのです。
即日融資キャッシング

カードローンの重要ポイントについて

金融機関などでお金を借りる方法はいくつか種類があります。例えば銀行や消費者金融などの受付窓口へ行き手続きする方法があります。また、電話やインターネット申し込みによって、実際に店舗へは足を運ばずに手続きする方法もあります。そして、ローンにはその種類も多く存在します。今回は、カードローンの重要ポイントについて簡単に説明させていただきます。カードローンとは、通常のローンと違います。通常のローンは手続きを行い、審査を通過後通帳にお金が振り込まれます。しかし、カードローンは手続きを行い、審査通過後カードが発行されて利用開始となります。設定された上限金額になるまでいくらでも、いつでも利用することができるのが一般的なカードローンです。そして、返済し終わっても契約が終了というわけではなく、いつでも利用できるというものあります。カードローンは一度審査が通過すれば、自分の利用した時に気軽に利用できるという点が、その他のローンに比べ優れていると言えます。ただ、カードローンの重要ポイントは、その気軽さに隠れた金利です。一般的に通常のローンに比べカードローンの金利は高めに設定されている傾向にあります。カードローンは気軽に利用できるために、まるで自分の財産と勘違いして利用しすぎると、後日高額の請求が発生してしまいます。また、金利が高い場合、支払う手数料も多くなってしまうため、使い過ぎてしまうと大変です。無理な返済にならないように、利用する際は慎重になることがカードローンの重要ポイントと言えます。