総量規制とは、簡単に言うと「年収の3分の1を超える貸付が行えない」という規制のことです。2010年に貸金業法が改正された時に、総量規制は始まりました。

なぜこのような規制ができたのかというと、お金を借りすぎて返済ができなくなってしまった多重債務者が増えていたことが関係しています。

総量規制ができる前は、消費者金融は即日融資などで消費者に対してどんどんお金を貸していました。高額なお金を自由に貸せるという状況では、返済ができなくなる人も増えますが、きちんと返済ができる人もたくさんいたので、消費者金融は利益を出せていました。

しかし、お金を借りすぎて自己破産をしてしまったり、自殺をしてしまったりする人がたくさんいたことが社会問題となっていましたので、2010年に貸金業法が改正された時に、総量規制ができました。

総量規制で言うところの「年収」には、ギャンブルによる収入は含まれません。給料や年金などの定期的な収入の合計が、「年収」となります。

連帯保証人を設定した場合でも、年収の3分の1を超える融資は受けられません。連帯保証人を設定すれば借りやすくはなりますが、総量規制の基準は変わらないので、注意をしておきましょう。

貸金業法で定められた規制なので、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などが対象となります。銀行や信用金庫などは対象外です。すなわち、銀行のカードローンやフリーローンなどでは、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。

また、消費者金融から借りる場合でも、不動産などを担保にして受ける融資などは、対象外です。担保が付いている場合には破綻のリスクが少ないとみなされるからです。同じ理由で、信販会社から借りるディーラーローンも対象外です。

総量規制は個人の消費者を守るための規制なので、法人は対象外です。個人事業主が消費者金融のビジネスローンを利用する場合にも、一定の条件を満たしている場合には総量規制の対象外となります。